« トラックのクラッチ | トップページ | 工場の専属猫 »

CVT修理

Dscn1683 日産リバティ    高速を出そうとしてもエンジン回転数だけが上がってスピードが出ない(ことがある)という やらしい不具合 でも不具合が再現している時はちやんとトラブルコードの出力がありました 

写真はCVT下側のオイルパンとストレーナーをはずしたところ 右奥の茶色のモーターが不具合部品です 

|

« トラックのクラッチ | トップページ | 工場の専属猫 »

自動車整備」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468817/8277090

この記事へのトラックバック一覧です: CVT修理:

« トラックのクラッチ | トップページ | 工場の専属猫 »