« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

キシリンダー

Dscn2170 平成18年 日産ティーダラティオ キーシリンダー3点セットでの交換です

運転席ドアのキー穴に接着剤をつっこむという悪質ないたずらに遭いました ドアを開けるキーとエンジンをかけるキーが違うのは困るということで エンジンキー ドアキー トランクキーの3点同時交換です

いやな話ですが 車に対する犯罪 いたずらは たまにあります これまでにも 燃料タンクをこじ開けられたり 車の側面に一直線に傷を付けられたり(いわゆるギザ10) 窓ガラスを割られて車上荒らしに遭った(取られた物よりガラスが高かった)例がありました 私個人の車もギザ10されたことがありました(20年前の話ですが)

ドアキーシリンダを取り外すと内側にこぼれた接着剤の固まりがありました かなり多量の接着剤を使用したようです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルテッツアクラッチ

今日の仕事はSXE10トヨタアルテッツァのクラッチ交換です

Dscn2154 写真はミッションを降ろした状態でこれからクラッチカバーを取り外す所です 

今回 クラッチディスクが摩耗しているので交換する事になったのですが 自分としてはクラッチを踏むたびに 「キぃー!」とか「クゥー!!」と鳴る異音も何とかしたいと思いました クラッチフォークのピボットを修正する クラッチリリースピストンを交換する 等 考えられる所は一通り手を入れます 

うちの工場はいわゆる「チューニングショップ」ではないので今回使用したクラッチディスクはダイキンの普通の物です強化クラッチではありません スラストベアリングはトヨタ純正です

でもこういう「楽しい車」は良いです クラッチ交換すると車生き返るし 顧客に実感してもらえる効果があるのは整備屋としてうれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡戦

福岡対湘南 負けちゃいました 

あの「勝たなければ次は無い」というビリビリした感覚は忘れません

鈴木将太選手 今日は楽しかった 次もよろしく!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの猫 ぱんち

かわいいでしょ!

Panchi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡戦

やらなきゃいけない仕事も多いし 悩みも多いんだけど こんなにどきどきするシーズンはひさしぶりです すべてのベルマーレサポーターがそう考えていると思います

http://www.bellmare.co.jp/bellmare/view/s.php?a=3462

Mcountdown180_641

25日は みなさまぜひ平塚競技場へ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットワイヤー

Dscn2011 平成9年 E-WFY10 ニッサンウイングロード です

アイドリング不調 不定期にエンストするとのことで車を預かりました  このころの日産車はホットワイヤー式のエアフローセンサーを使用しています 今回はリビルト品でスロットルASSYの交換になります スロットルASSYで交換するとエアフローセンサーとアイドルスピードコントロールバルブの両方が含まれるので安心です

写真はスロットルASSYを組み付けた所です 金網の中にホットワイヤが見えます このあとエアクリーナーを組み付けて試運転すればok

このくるまのお客様は和菓子屋さんです 定期点検やオイル交換のたびに和菓子を下さいます いつもごちそうさまです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドアミラー

Dscn1990 日産セレナのドアミラーです ミラーの基部の塗装が経年劣化で浮き上がってしまい その上をユーザーが応急処置として着色したようです 見栄えがわるいのでなんとかして欲しいとの事です 今回調べたらこの部分だけ塗装済みの部品として設定されていることが分かりました ちなみに片側1100円(税別)です 

Dscn1993 いつも思うのですが ドアミラーのミラー部分のカバーが交換部品に設定されていないのは意地が悪いと思います

ユーザーはこの部分をとても気にされていたようです そうゆう気持ちは乗っている人でないとわからないのかもしれませんね 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ袋

Dscn1936 車検で預かった乗用車です 走行中に排気管にコンビニ袋を巻き込んで ・・・・

「私も1回あった」という方も多いのではないでしょうか?

ブログの更新がまばらになっています  事務所のなかでする仕事が多くて

つなぎ服があまり汚れない1日でした 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »